サシニング娘。賛成論

1年も待った。僕はこの論題に対して約1年もの間、収まらないでいたことになる。だけど、なにか、こう上手く言うことも出来ずに黙っていた。

「Get you!」を初めて聞いた時の1年前の自分のアカウントを振り返ってみれば、「サルゲッチュっていうゲームあったよな・・・」なんてダサいコメントをしていた。

 

 

今日は、なんだかうまく言えそうなので。いやでも、またダサくなりそうだけど。言わないとやっぱり気が済まないので、こうやって書くことにした。

 

 

 

ことの発端は、

2016年、年末に遡る。

2017年1月25日(水)に発売されるAKB48 8th ALBUM『サムネイル』に、 サシニング娘。(指原莉乃&モーニング娘。'17) という名義で「Get you!」という曲が収録されるとニュースだった。

作詞はもちろん、AKB48側プロデューサーの秋元康によるもの。

f:id:morenomoemi:20180121233346j:plain

 

 

このとき既にザワザワしていたものの、議論が白熱するのはこの先・・・

私たちが想像したよりも早く、この「Get you!」の音源はラジオで公表される。(2016年12月28日「AKB48オールナイトニッポン」ーNMB48スペシャル)

 

 

そして、その音源が多くのハロヲタの逆鱗に触れることとなる。

  •  そもそも、曲が気にいらん・・・   うんたらかんたら・・・

 

 

まーちゃん(佐藤優樹)筆頭にメンバーは、よそでのレコーディングが楽しかった、と溌溂としたコメントをあげていた気がするが、なによりハロヲタAKB48のやり方が気に食わん。

僕らの大事なモーニング娘。がこんな扱いされて良いわけない!!

 このような気持ちは僕のほうでも山々に感じていた。

だけど、それも含め、アップフロントが決めたのだ。敵国に安売りした・・・。そう取られたとしたって仕方ないだろう。

 

 

 

 その後、この議題の沸点は過ぎることとなるが、折角なので時系列で書こう。

 

2017年03月08日

モーニング娘。’17の『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』が発売。

【初回生産限定盤SP】にのみ「Get you!」がサシニング娘。(モーニング娘。'17&指原莉乃)名義で収録された。

こちらは『サムネイル』に収録されたものと違って、モーニング娘。’17のメンバーが多くソロを歌っている。しかし、5タイプあった内、唯一BOXに含まれない【初回生産限定盤SP】。タイアップが付いた「モーニングみそ汁」との兼ね合いもあり、申し訳程度の再構成は影が薄いものとなる。

 

2017年06月09日 
『さしはらSHOW!!』(BSプレミアムAKB48 SHOW!』が2016年の総選挙1位祝いとして放送)にて、指原莉乃さん独り生バンドを携え「Get you!」を歌唱。

この曲を指原さんだけで歌うことが可能であると明白となったものの、番組HPには「指原莉乃×モーニング娘。’17=サシニング娘。で収録したかったのですが、
なかなか、なかなか、この2組のスケジュールを詰めきれず。こういう形でこの曲が紹介できてよかったです。」という文面が掲載された。

 

そして、大型音楽番組で2015年あたりから頻繁に行われてた女性アイドルのコラボ企画が無い期間を経・・・。

 

2017年12月10日

『第7回 AKB48紅白対抗歌合戦』にサプライズゲストでモーニング娘。’17が登場。初めてサシニング娘。としてのパフォーマンスが行われた。

モーニング娘。’17にとってアウェイ状態でのパフォーマンスとなったが比較的温かく迎え入れられたと聞いている。

 

2018年01月20日

BSスカパーにて『第7回 AKB48紅白対抗歌合戦』が放送される。

12月は忙し過ぎた多くのヲタクはここで初めてそのパフォーマンスの全貌を知ったことであろう。

 

 

さぁ、この文面の向こうのハロヲタさんはどうにかあのAKB紅白の映像を目にできただろうか?

 

バンドサウンド、カメラワーク、画面切り替えのタイミング、セット・・・僕はいつの間にAKB48のライブ映像を羨ましく感じるようになったか、と考えていた。

とはいえ、12月10日、僕の推しは声のコンディションが良くない中———翌日に卒業コンサートを控えている状態だった。前日、ソロコンと握手会を行った後でもあった。つまり事務所が卒業前にスケジュールを詰め杉・・・( ^ω^)

でも、映像を見ているうちに、彼女のアイドル人生最後から2番目の日の雄姿を48Gに預けてよかった、、、そう思うほどにいいライブ映像だった。

 

Juice=Juiceにバックバンドを付けてライブツアーを、ダサい衣装は止めて、芸術的な画面多めで皆を唸らせる映像をBlu-rayで、ハロコンのセットをもっと華やかに・・・いつ、追いつけるだろうか。

 48Gの長年のこだわりがこんなにも当たり前になっていて気づかなかった。

 

 

 

2018年、アイドル史に何かが起こっている。

今日は今日とてTLでなんでこんなにみんなしてアイルネ(アイドルネッサンス)の曲をルネッサンスさせているのだろう、と思ったら、解散・・・

今年に入って最もショックだったのは、GEM解散だ。

 

肝心の48Gは、本日リクアワをやっていたようで、また新しいシングルの選抜が発表されたようだった。岡田奈々船長がセンターで僕は本当に嬉しい。素敵なメンバーが選抜に固定されだした。

それでも正直に言おう。僕の口から一番に滑り出した言葉は「弱っわ、」だった。

昨日は市川美織さんの卒業発表があったか。彼女は霊長類最強のアイドルだと何度も思ったのに・・・

 

つまり、何が言いたいのかというと、アイドル界未だ嘗てない振るい落としの今年を乗り切るためには、他グループとの協力がないと先に進めないような気がするのだ。

先入観を捨て、いい技術や人材さえも分け合うに越したことはなかろう。

 

今、この日本で一番権力を握るアイドルは恐らく指原莉乃だろう。彼女には「ゆびまつり」実現に向けて精を出してもらいたい。

 

 

どんな時代にもアイドルは必要である。「ラストアイドル」はきっと”続く”アイドルだ。アイドルが日本の音楽を引っ張る時代はまだまだ終わらない。

待つの ができないとき、こんなのってない

 先日、SHINeeのキム・ジョンヒョンさんが亡くなった。

音楽を愛し愛される、グループ名に相応しいキラキラした人だった。

 

3年前、幸運にも友達にSHINeeのコンサートのチケットを取って貰って・・・そうだ、あの時は1万を超える高いチケット代を親が出してくれた。そんなの人生で最初で最後かもしれない。ドケチとして名高いうちの母親が、「SHINee見れるなんてそうそうないだろうから見てきなさい。」そう言っていた。

 

知らない人のためにSHINeeを日本のグループで言うとしたら、嵐だと思う。第一党のアイドル事務所に所属し、デビューから5人。メンバーチェンジなく添い遂げてきた。

 

 しかし、5人揃ってのライブが難しかった近頃。不安も持ちつつ待ち続けたペン(ファン)のもとに、来年2018年ライブ開催の嬉しい知らせが。裏切らないアイドルこそがSHINeeだと思った。 

 

 こんな哀しいことあってはならないのだ。

戦争の次にアイドルの死は罪かもしれない。

 

 

天国でなんの柵にも縛られず幸せに歌っていて欲しい。

ほら、やっぱり、こんなこっち側の人間からの追悼の言葉が出てきてしまって少しがっかりするな。こっち側やそっち側、、、

 

誰の期待にも応えなくていい。ただ、ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

以下、「もっともっと頑張ります」というブログ(閉鎖済み)で掲載していた2017年2月19日の記事を転載する。タイトルはこのブログに同じである。

 

 

 

アイドルとは何か。

 

 

f:id:morenomoemi:20170218220251j:plain

 

その答えを求め続けている。

 

初めは「アイドルヲタク」という自分のアイデンティティを探っていたに過ぎない。そういう時期だったのだ。


だけど、アイドルヲタクは「アイドル」ありきだと分かったとき、じゃあ、この「アイドル」とは何か?と考えると、もう、今の時代、曖昧すぎて困る。

創り手のプロデューサーは誰しも、何処かで一度は「アイドル」というものを定義していたが、これが実にバラバラで。でもそれは、アイドルが何万と存在し、消費してきた時代のせいにして。

 

 

ただ、一つ、言えることは、
「アイドル」とは何か、を探るうちに私は、更にアイドルが好きになっていたということ。
大変だな。宝物をまた沢山増やしてしまっただけだった。

 

 

 


今日という日は忘れられない一日になる。

 

夕方だった。遅くもあるが、LINEニュースにて、大切なものを喪ったことを知った。
信じられなかった。
いや、まだ信じられていない。

君は今日もどこかで幸せに・・・

 


つい昨日まで元気だった人が急に亡くなってしまうことがあるのは知っている。他人が言うより何倍も遺族の悲しみが大きいことも。

でも、私はアイドルヲタクなのだ。

今までに味わったことのない味が身体中を巡っている。


それだけじゃなくて、私が勝手に他人じゃないと思っているだけかもしれないことも、そこに含まれている。
なんだか、そんなつもりはないのに勝手に広めてしまっているような。インターネットの世界では微分されて、その人が無関心だった人でただビューアーを増やしたいだけでも見ているほうにはわからないだろう。(追記:だから、きっと、はてなブログのトップページで組まれている彼女の追悼特集に入ってしまう言葉を避けて、書き終えたんだろうな、と思う。)
脳に直接くる辛(から)過ぎて、酸っぱ過ぎて、いつまでも一定の喉まで詰まりが消えない。

 

アイドルとは、アイドルヲタクとは、その関係は、何なのか。

書いてしまえばまた、気持ちが落ち着かない。きっとアイドルだってその答えを知らない。

 

アイドルヲタクは普通の人よりも随分待つのが得意な生き物である。

 

例えば、長い長い握手列や物販列にならんで。

例えば、

ハロヲタ(ハロープロジェクトグループのファンの総称)がいくらで待ち続けた例は沢山ある。復帰が約束されてなくたって、「待って欲しい」なんて一言も言わなくたって、いつまでもいつまでも待つのだ。待つ間も祝いの日にはブログの最後の投稿に、きちんとコメントを入れる。

どれくらいの確率で戻ってくるのか。客観的にみればかなり低い気もする。待つ間、心が折れそうになった時は、ヲタ同士で励まし合うようにする。

 

 

 


これは、ハロヲタの例だけに限らない。
アイドルヲタクという生き物はハチ公以上の忠犬かもしれない。

 

 


でも、待つことができないとき。こんな前例はなかっただろう。

まだまだ受け入れられないし、なんていうのかな、脳が、理解できない振りをしていると、いうのか。
こんなのって、ないな。
こんなのって、ない。

涙は不思議と出ない。凍ってしまったのに近い。
哀しくある。ありすぎる。そして、
ただ、何にもしたくない。それは、特にだ。


こんなこと書いていては切りが無い。

信じたくない。
落ち着かない、そわそわ、ぞわぞわする。ざわざわする。

落ち着け方も知らないこの気持ちは、果たして落ち着けることができるのだろうか。
できるかな…

 ねぇ、できるかな…

 できてしまうのかな…

 

ひなたで待っても仕方ないのかな。明日に向かうことできるかな。

 

あぁ、
生まれてきてくれてありがとう。
最後にもう一度、御冥福を御祈りする。

 

 

WHY@DOLLのMagic Motion No.5って超エモいよな

 二つめにして、題名だけで言いたいこと終了の内容です。

アイドルお宝くじで2年くらい前に知ってからずっと好き。

MAGIC MOTION NO.5

MAGIC MOTION NO.5

 

www.whydoll.jp

 

よし、じゃあ、妄想します。

勝手に、モーニング娘。'17 コンサートツアー春~THE INSPIRATION~の6月23日(金)武道館公演から追加の13期メンバーとして2人追加される方がいるとして予想します。

*川村 文乃 さん

*森戸 知沙希 さん(カントリーガールズ兼任)

前回の加賀様・横山ちゃんは全く当たってなかった人の戯言ですよw

カントリーの推しは梁川さんなのですが、まだ彼女がほかのグループにいるところを想像できません。

℃-ute解散まであと5日

努力は必ず報われるとは限らない。だが、成功している人は努力している。

これは、大好きなアイドルSUPER☆GiRLSの内村莉彩ちゃんの座右の銘だ。本人曰はく、ベートーヴェンの名言らしい。

この座右の銘は、彼女がスパガ(SUPER☆GiRLSの愛称)に加入した時(2014年)からずっと変えられていない。恐らく、アイドルを始めてからずっと。きっと、この言葉の本質をアイドル活動のみで発散させるつもりじゃないと考えているのだろうが。

また、高橋みなみAKB48総監督の「努力は必ず報われる」という言葉は関与していないと思われる。

 

 

僕たちは、なぜ総てのアイドルの夢を叶えることができないのだろう。

なぜ、小学6年だったアイドルに「必ず報われるとは限らない」なんて、漢文的な部分否定で物事を悟らせないといけないのだろう。

 

答えの一つにあること。

アイドルというものには、賞味期限があることだ。

賢いアイドルは賞味期限が切れるまでに卒業していくし、賞味期限が切れったって獲得したファンが絶えるわけじゃないから、気にしないでいれる子もいる。なんらかの事情で賞味期間を迎えずに卒業せえざるを得なかったアイドルもいることだろう。

 

あと5日でグループとして息絶える℃-ute。このグループの賞味期限はいつだったか。

世間の目に一番触れていたのは、「きらりん☆レボリューション」のアニメ版に突如現れたひかるちゃんのいるグループだった頃か。

一番必死だったのは、メンバーが気づけば5人になり、なんだか苦しそうながら我武者羅にやってた頃か。

はたまた、ライブNo.1アイドルと呼ばれるようになり、セクシーでタイトな衣装と振付が増えた頃か。

それとも、℃-uteとしての醍醐味は、Berryz工房が無期限活動停止を迎え、ハロプロの最年長グループになってからか。

 

今日思い浮かべると、なんだか、どの瞬間の矢島舞美も、中島早貴も、鈴木愛理も、岡井千聖も、萩原舞も、一寸先の夜明けが目の前にあるように瞳をキラキラさせていた。

℃-uteの印象といえば、ステージからちょっと斜め上の客席をめがけ、ハンドマイクを強く握っているような。あの、5人の姿は兎にも角にもあと5日で見納め。

 

5日後、様々なことを乗り越えた彼女たちだから、「全部やり切ったよ、ありがとう」と、心から言うのだろう。

しかし、みんな、全盛期のモーニング娘。を見て、アイドルになろうとした。

努力すれば、どこかで救われて、テレビに出られまっくって、CDが毎回飛ぶように売れ、大きなドームを満席にする。それが、きっと、見合ったサクセスだったに違いない。

今の日本にそれを実力で手にできているアイドルなんていないのも現実で。

十何世紀のヨーロッパの芸術家のように寿命を迎えてから、評価されるのも悲しすぎる。その時、「℃-ute」の発音はちゃんと伝わるだろうか。

 

僕たちは、なぜ総てのアイドルの夢を叶えることができないのだろう。

 

 

 

To Tomorrow

To Tomorrow